トレッキングランキング

title49

Kaiwa Ridge Trail ラニカイピルボックス

img01
img02
img03

カイルアの海辺、ラニカイの住宅地に入り口があるトレイルは、終点にコンクリートの建物があることから別名「ピルボックス」とも呼ばれる。トレイル自体は短く片道30分程度だが、急斜面で砂や岩場も多く滑りやすい箇所もあるため足元には十分注意。終点からは見渡す限りのマリンブルーが広がるラニカイ・ビーチと、沖に浮かぶモクルア・アイランズの絶景を楽しめる。日陰がなく暑いトレイルなので早朝行くといい。

Diamond Head Trail ダイヤモンドヘッドトレイル

img04
img05
img06

一度は登頂してみたいトレイルといえばダイヤモンドヘッド。ワイキキから近くバスでのアクセスも簡単なこのトレイルでは25~30分程度で頂上にたどり着ける。夜明け前に出発して頂上で朝日を拝む時間帯が最も人気だが、トレイルが細く岩場や急な階段もあるため、きちんとスニーカーを履き、懐中電灯を持参して臨みたい。ハワイの州立公園のため、徒歩の場合は1人1ドル、乗用車の場合は1台5ドルの入場料がかかる。

Makapu‘u Point Lighthouse Trail
マカプウポイントライトハウストレイル

img07
img08
img09

州立公園内にある片道約30分程度のトレイル。頂上までの道は舗装されていて、初心者でも簡単に歩くことが出来る。マカプウ一帯はクジラの保護区域となっており、冬には途中に何か所か点在する展望台からクジラの姿が見えることも。頂上からは1909年に建設されたという赤い屋根のマカプウ灯台(ライトハウス)や、マカプウからワイマナロの透明な海と白砂のビーチを見渡すことが出来る。