鍋料理

title23

Sweet Home Cafe スィートホームカフェ

img01
img02
img03

「自分好みの鍋を自分で作る」が、ハワイのローカルに受けた「スィートホームカフェ」。長時間並ばなければならなかったキングストリート店に加え、今年ワイキキに2店目をオープン。こちらは予約を取ってくれるので安心だ。オーダーはスープを選び、好きな具材を好きなだけ冷蔵庫からチョイス。常時12種類はあるつけタレも絶品で鍋の味が格段アップする。暑いハワイで暑い鍋も乙なものだ。

Ichiriki 一力

img04
img05
img06

アラモアナセンター山側に初の鍋専門店としてオープンして以来10年。現在ではオアフ島に4店舗を展開する鍋レストラン。人気の秘密は好きなスープや具材が選べ、一人でもグループでも鍋が楽しめる多様性。しゃぶしゃぶ、ちゃんこ鍋、すき焼きもある。名物「紙鍋」は、特製の和紙がアクを吸収して、最後まで透明感のあるスープが楽しめ絶品の味わい。足が伸ばせる掘りごたつ式の座敷も評判だ。

Asuka Nabe + Shabu Shabu アスカナベ

img07
img08
img09

日本最古といわれる飛鳥鍋を現代風にクリエイトした鍋専門店。鍋屋にありがちな湯気で曇った様子もなく、店内はスタイリッシュ。パーティションも高くプライベート感もあり居心地抜群だ。飛鳥鍋のほか、寄せ鍋や肉団子鍋、旨辛鍋、パイタン鍋と種類が豊富で飽きがこない。10種類にのぼるスープの中でも、ミルクを使った約1300年前の飛鳥時代に食べられたという飛鳥クラシックは、ぜひお試しを!